徴兵になってこの様な事でパラリンピックに出場をしている人もいるが

今、韓国で行われている平昌パラリンピックが盛り上がっていますが種目だけではなく障害のレベルで協議か行われているが生まれつきから事故などこうした所が障害となってハンディキャップを乗り越えて競技をしている選手が多いがこうした選手の活躍を見ていると「頑張っている」という事になるが注目もしている選手も多いという事になる。

特にスキー競技などはいろんな障害者がクラスに分けて競技をしている人がいる事でここは注目もしていると思っていると言うがハンディもあるので活躍をしている選手もいる事で励みになったかも知れないという事になっているがでもこの様な障害者になったわけではない所もあると思っている所があると感じられている。

事故や病でこの様な事になってしまいスポーツも始めた人もいると言うが中にはこの様な事になってしまった人もいると言う。

それがアメリカなど中東アジアなど派遣された人がいますが戦場となっている所がある事で命を奪われただけではなく足や手など負傷して切断した人もいる事でこの様な人が障害者スポーツを始めた人もいると言うが中には車いすで競技をしている人がいる事で活躍の幅が広がったと感じられている。

今回の大会ではパラアイスホッケーの3連覇がかけているのでこうした人がいる事で挑戦をしているという事になるが同じにしているのでこの様な事は平等だと思っている所もあると言うがプレーヤだと思っているかも知れないという事になっている。

こうした人がいる限り競技者として活躍をしているので同じプレーヤーだと思ってしまうが誰もが出来ないとは思わない人という事で理解として今後は勇気をもってやって欲しい所もあると言うが面白いと感じて欲しいのです。キャッシング 金利 安い